• An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
2020年 10月 13日(火曜日) 13:27

たとえひとりでいる時も・・・

作者:  kazue
このアイテムを評価
(0 投票)

先日、NHKの「あさいち」をチラ見していたら、

マスク生活のために表情がとぼしくなり、

表情筋をあまり使わないことによって、

お顔のたるみが深刻化している人が増えている。。。

という、問題が起こっているそうです。

マスクをしていると、していない時に比べて、

人と会話をしていても表情筋が3分の1くらい(だったと思う)

しか使われていないそうです。

 

それとはまた別のお話で飛びますが、

意識と無意識のお話です。

私たちはほとんどの場合、

無意識的な自分の思い癖で生きています。

無意識の配下にある代表的なものは感情です。

だいたいネガティブになってしまうのは、

この無意識的な感情に振り回されてしまうからです。

感情をうまく切り離してコントロールできるようになると、

世界はとても平和になれます。

瞑想は全てのことに意識を向ける練習なので、

それを続けていくと、今まで暴走しまくっていた感情を

「自分」から切り離してみることが上手になります。

でもね。

なかなかひとりで何時間も瞑想なんて無理!って、

思えますよね。。。

そこで、

瞑想の代わりに手軽にできる、

感情をコントロールする方法があります。

それは笑うことです。

感情と表情はつながっています。

怒った顔をしていると、イライラしてくるし、

うつむいて背中を丸めていると、悲しくなってくるはずです。

うなだれている幸せな人って想像できますか?

幸せな人は胸を張って、笑顔であるはずです。

逆に笑顔でいれば、

自然と優しく幸せな気持ちになれるのです。

 

人間の体は自律神経が上手く働いてくれているおかげで、

無意識でも、血は流れているし、食べ物は消化されます。

逆に腕や足を動かすことは、意識しないとできないこと。

でも、意識しても無意識でもできることが二つあります。

それは呼吸と表情です。

ヨガではその呼吸を使って、自分の体や心をコントロールします。

表情のコントロールは、

ヨガではなくても、誰でもどこでもできることですね。

 

一人でいる時でもにこにこしてみたり、

わざと大声で笑ってみる。

これってお金もかからないのに、

速攻でポジティブになれて、

しかも! お顔のたるみにも有効ですよ。

もう、今からやるしかないですねー。

 

最終更新日: 2020年 10月 13日(火曜日) 14:07
このカテゴリの他アイテム: « たとえひとりでいる時も・・・

マシュマローの日記